伝習録

伝習録.png

伝習録
(中公クラシックス)
王 陽明 (著), 溝口 雄三 (翻訳)


吉田松陰、西郷隆盛、三島由紀夫も影響を受けたという陽明学。だが日本の陽明学と中国の陽明学は異なる。では創始者王陽明の陽明学とはどういうものであったか。その精髄を収める。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
王/陽明
1472~1528。中国、明代の思想家、政治家。諱は守仁、字は伯安、陽明は号。浙江余姚に生まれる。はじめ朱子学を学ぶがこれに飽きたらず会試にも落第、心落ち着かぬまま任侠、騎馬、文辞、神仙、仏教に次々と耽溺して道を求め彷徨する。28歳で進士に合格、官途につく。35歳、宦官劉瑾の意に添わず、ことばも通じない貴州竜場駅に流謫されたが、かえってこの地で大悟し、格物致知の新しい解釈を示す。やがて劉瑾の失脚により官界に復活、さまざまな功績をあげるかたわら、知行合一論を提唱し、門人も急激に増大した。57歳、広西の思恩・田州の乱を平定した帰途、舟中で急死した

溝口/雄三
1932年(昭和7年)名古屋市生まれ。東京大学文学部中国文学科卒。名古屋大学大学院修士課程修了。東京大学教授を退官後、大東文化大学教授を務めた。東京大学名誉教授、中国社会科学院名誉教授、ハーバード大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この記事へのコメント