大学

大学.png

大学
(講談社学術文庫)
宇野 哲人 (翻訳)


修己治人、すなわち自己を修練してはじめてよく人を治め得る、とする儒教の政治目的を最もよく組織的に論述した経典。修身・斉家・治国・平天下は真の学問の習得を志す者の熟読玩味すべき哲理である。

著者について
1875年熊本県生れ。中国哲学者。西洋哲学の方法をとり入れ、漢学の再構成を試みる。清国・ドイツに留学。東大名誉教授、実践女子大学名誉学長。主著『二程子の哲学』『儒学史(上)』『周易釈義』『支那哲学史―近世儒学』『論語新釈』『中国思想』『中庸』など。1974年2月19日没。

この記事へのコメント